今泉の絹の話

「絹の話」一覧を見る

絹のシーツ・毛布

絹の機能性利用活発

20年位前「食べる絹」が発表されてより、各研究機関

で急速に絹の機能性が研究され始め、昨今では絹入り化

粧品、石鹸、サプリメント、人工骨、下着等々活発な開

発が進んで来ました。

しかも絹は表面25%前後がセリシンと云う蛋白質で、芯

に当たる部分の75%位がフィブロインといわれる蛋白質

で出来ていて、一般的絹はセリシンを除いてフィブロイ

ンを使って、セリシンは産業廃棄物にされていました。

ところが捨てられていたセリシンの方が諸機能性が高い

事が判って来て、医薬品など医療関係利用に研究が盛ん

になって来ました。

絹の健康用品利用

世界中、絹は高級な衣料品として,中世までは支配階

級、富裕層に、現代はお洒落な衣服として多くの人々に

利用されて来ましたが、昨今機能性をうたい、しかも全

自動の洗濯機利用可でアイロン不要の化学繊維の出現で、

ドライクリーニング表示義務(絹製品は水洗いでスチー

ムアイロンガ良いのですが)の絹製品の販売不振が若年

層を中心に広がって来ました。

ところが、美容、健康、機能性などの言葉は若年層に敏

感に反応します。

そこで、以前から何度も製作した野蚕のシーツを機能

性という観点から改めて着用実験を試みました。

結果は一般に売られている家蚕のシーツより野蚕のシー

ツの法がより柔らかな眠りを誘ってくれるようでした。

野蚕でもより多孔質な繊維ほど気持ちが良い事が体験上

判って来ました。

また多少のシーツの厚さでは大きな差は感じられません

でした。

 

「絹の話」一覧を見る

Copyright(c) 2012 akasaka be-in Co.,ltd. All Rights Reserved.